プリザーブドフラワーとは?特徴やメリットなどを分かりやすくご紹介します

当サイトではプリザーブドフラワーとはどのようなものなのか、その特徴やメリットなどを分かりやすくご紹介しています。
初めて購入する場合には、知っておいて損はないでしょう。
プリザーブド加工をしたフラワーアイテムは通販で購入することも可能です。
全国の各地から注文をすることが出来るため便利といえます。
さらにプリザーブドの花は、しっかり情報収集してから購入するのがおすすめです。
思っていたのと違ったということにならないようにしたいものです。

プリザーブドフラワーとは?特徴やメリットなどを分かりやすくご紹介します

プリザーブドフラワーは生花と何が違うのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーは特殊な加工をして水分を抜いた花です。
枯れることがないので、長く飾っておくことが出来るのがメリットです。
また水も不要なので世話をしないで済むのも良いところといえます。
花粉がないため花粉症の人に贈る時にも心配は無用です。
さらにプリザーブドフラワーは人工的に色を付けることが多く、豊富な種類の色があります。

プリザーブドフラワーは長期間楽しめる

プリザーブドフラワーの人気が高くなっています。
その理由は何といっても、長期間楽しむことができることです。
1年以上綺麗な状態を維持することができるのは当たり前で、花の種類や保存状態によっては5年から10年くらいも保存できることがあります。
自分用に購入するだけでなく、ギフトとしてもおすすめです。
長期間楽しむためには、取り扱いに気をつけることが求められます。
適当に取り扱っていれば、当然寿命が短くなってしまうので気をつけてください。
最も注意するべきことは、置いておく場所です。
プリザーブドフラワーは高温多湿に弱いので、温度と湿度が高い場所に置いておくと劣化が早くなります。
温度は18℃から22℃、湿度は30%から50%がベストです。
梅雨の時期や夏や冬は、エアコンなどを活用して、プリザーブドフラワーに適した環境を構築しないといけません。
また、強い光も避けるべきで、直射日光だけでなく照明器具に直接当たらないようにした方が良いです。

プリザーブドフラワーは保存しやすいことも魅力

プリザーブドフラワーというアイテムをご存じでしょうか。
日本では2000年頃に確立されたものであり、ドライフラワーの進化版というスタイルで今では多くの愛好家がいます。
このプリザーブドフラワーの場合、ドライフラワーとは違って限りなく生花の状態で保存ができるのが魅力です。
一見するとイミテーションまたは造花のようにも見えますが、もともとは生花だったものになります。
ホテルなどのロビーで飾られるケースが多く、半永久的に美しい姿で展示をすることも可能です。
プリザーブドフラワーの魅力は、いつまでももっとも美しかった頃の花を維持できる点になります。
そしてケースなどに入れたままでも、一切変色をすることはありません。
本物の花だと保存剤を使用しても1週間も長持ちをさせることはできないものです。
水を入れ替える作業もいるため、生け花は手間が掛かるものというイメージを持たれるものでした。
ところがプリザーブドフラワーでは手間もかかりません。

プリザーブドフラワーの人気が高い理由

プリザーブドフラワーの人気が高い理由としては、水やりなどの手間がかからない・生花より長く楽しめるといったことが挙げられます。
プリザーブドフラワーは、特殊な加工が施されていることから水やりをする必要がなく、生花にはないお手入れの方法もありますが、基本的には水やりほど頻繁にやる必要がないので、手間がかかることなく管理することができます。
さらに生花より長く楽しむことができる点も魅力で、保存方法さえしっかりやれば約5〜10年、保存環境が悪い場合でも1〜2年持たせることができるので、生花と同じような色合いや感触を長く楽しめる点も人気の高い理由の一つとなっています。
また、アレルギーの心配がないことも特徴で、生花と同じような感触を持ちながらもドライフラワーに近いものであることから花粉がついたり舞ったりすることがないため、お花を贈りたいけど相手が花粉症だから贈れないといった悩みを抱えている方にもぴったりのものといえます。

プリザーブドフラワーはギフトにピッタリ

プリザーブドフラワーは、誕生日などの記念日、結婚式のブーケ、お見舞いなど様々なシーンで贈ることができるアイテムですが、ギフトとして人気を集めている最大の理由は長期間にわたって楽しめることです。
プリザーブドフラワーは生花とは異なり、適切な環境であれば数年間は美しい状態を保つことができます。
記念日などに贈られた状態のまま数年間にわたって楽しめるのは、大きなメリットと言えるでしょう。
また、水やりなどの手間がかからないのもギフトとして最適な理由のひとつです。
生花は、華やかな贈り物ではありますが、受け取った側は水を換えるなどの世話をしなければなりません。
一方で、プリザーブドフラワーであれば水やりは不要なので、相手の負担を考えることなく贈ることができます。
加えて、プリザーブドフラワーは加工の過程で花粉が取り除かれるので、花粉症などのアレルギーの心配もありません。
カラーバリエーションが豊富なのも魅力で、生花にはないカラーのお花をプレゼントすることもできます。
しかも、価格は3,000~5,000円ほどのものが多いので、贈る側にとっても贈られる側にとっても嬉しいプレゼントと言えるでしょう。

プリザーブドフラワーに関する情報サイト
プリザーブドフラワーのメリット

当サイトではプリザーブドフラワーとはどのようなものなのか、その特徴やメリットなどを分かりやすくご紹介しています。初めて購入する場合には、知っておいて損はないでしょう。プリザーブド加工をしたフラワーアイテムは通販で購入することも可能です。全国の各地から注文をすることが出来るため便利といえます。さらにプリザーブドの花は、しっかり情報収集してから購入するのがおすすめです。思っていたのと違ったということにならないようにしたいものです。

Search